黒喪服と色喪服とは何?

一定の年齢になると、肉親や配偶者の葬儀に直面することも出てきます。喪服を着る機会は突然訪れるものです。喪服レンタル店などでも借りられます。喪服の装いについて、今一度、見直してみましょう。

喪服の装いは、故人との関係によって装いが異なります。最近では、洋装が一般的ですが、日本人のもっとも格の高い喪服は着物です。

ここでは、喪服を着物で準備する際の基本的な知識とマナーについて解説します。着物の喪服を大事な人のお葬式に着ることで、故人への敬意や思いの深さが無言のうちに伝わります。最近では、和装の機会自体も減っていますが、慣習やルールが求められる着物の喪服について、基本の知識から解説します。

着物の喪服は第一礼装
着物の喪服は、喪の第一礼装、つまりいちばん格の高い装いとなります。中でも家紋の入った黒無地の着物、黒紋付は既婚や未婚を問わずに着用できる最高礼装です。

もしあなたが、喪主の場合や、配偶者、故人が父親や母親などの肉親の場合、五つ紋の黒紋付がもっともふさわしい服装です。たとえ、どんなに高価なブランド品のワンピースを着ても、洋装より和装の方が格上なのです。

しかし、和装には一定のルールがあります。ですので、間違った喪服の選び方や着方をしては台無しになってしまいます。ドレスコードがあいまいな洋装のほうが無難で楽なことは確かなことです。

黒喪服と色喪服

留袖と振袖がおめでたい席の礼装であれば、その反対の不祝儀の礼装が喪服です。

黒地の一色染めに染め抜きの日向五つ紋入りの黒喪服は、一番正式なものです。

喪主や親族など近親者は葬儀・告別式で、黒喪服を着ます。現在通夜から葬式、告別式、三回忌まで遺族は黒喪服を着るのが慣例になっていますが、その土地ごとの風習に合わせるようになっています。

色喪服について
色喪服は、喪主・親戚以外が法事、通夜、偲ぶ会などに着用します。帯は黒喪帯で準喪服に、色喪帯で略喪服になり、七回忌を境に、遺族の装いは略喪服へと変わります。四十九日や一周忌などの法要は、地味な色無地と色喪帯を合わせます。

一般の会葬者の場合には、色喪服に黒喪帯などの準喪服にします。

準喪服の紋は、一般的に染め抜き日向紋を三つか一つ付け、生地は地紋のある無地、光沢のない縮緬地です。

着物の喪服の歴史
女性の着る喪服の定番色が黒になったのは明治時代からで、それまでは白喪服という喪服がありました。女性は婚礼の際に着た白無垢を残しておき、夫が亡くなった時に袖を詰めて着用したものです。

今でも葬儀の時に、白喪服や白い裃を着用する地域があります。明治維新以後、欧米の慣習にしたがって、黒の喪服が着られるようになり、白より汚れの目立たないこともあり、一般に浸透しました。