長く使えるマットレスの選び方は?

長く使えるマットレスの選び方ですが、密度の高い素材のマットレスを選ぶことは、当たり前ですが、低コストで作ったマットレスは、低コストの素材を使うので、へたりやすいです。

手間をかけて作られた上質の素材y、高密度で作られた素材は、快適性や耐久性にも優れていることがほとんどです。高価であれば良いというわけではありません。

しかし、密度の高い素材はマットレス自体の重量が増えるので、畳んで片付けるということは難しくなります。基本的にはベッドで使うことが前提です。

ウッドスプリングは、二重で身体を支え、変形圧力を分散させる効果があります。

変形が大きいと、弾力性が低下し、同じ体重をかけても沈むので、へたります。 ウッドスプリングはマットレスの変形を少なくするのための解決方法は、ウッドスプリングとマットレスを組み合わせることです。

RELAX2000ウッドスプリングを例に挙げると、ウッドスプリングが大きく変形して身体を支えるので、上部のマットレスは変形が少なくなります。そのため、マットレスの弾性低下が少なくなりへたりが少なくなります。

多くのウッドスプリングは、硬さを調節することができるので、使用年数とともに硬さを調節することで、寝姿勢の変化が少なくなります。

ナチュールフレックス・ウッドスプリングも基本的には同じです。上の板を、ラテックスフォームでできたサスペンションで支え、その巾を調節することで、体格や寝姿勢に合わせた硬さにできます。

交換が可能な素材を選んだり、パーツのローテーションをする

一枚もののマットレスは中央部がもしへたったら寿命になります。多くのマットレスが一枚物です。エアウィーヴ、快圧ふとんなどがそうです。

密度のしっかりした素材が使えるベッド用でしたら良いですが、フロアー用は手軽に片付けることができるように、ウレタン等の軽量素材を使うケースがほとんどです。密度が高い素材にくらべると、へたりは弱くなります。 このような一枚物を長く使い続けるとどうなるかというと、最も重量がある臀部に負荷がかかり、へたりが進行します。それを防ぐために、ハードタイプが用意されているケースもありますが、結局お尻が当たる部分だけがへたり、それ以外はしっかりしたままの状態になります。

三つ折タイプの多くは中身をローテーションすることができます。中には、パーツで硬さを変えているマットレスがありますので、選ぶ際はご注意ください。3ヶ月に一度ほど中のパーツをローテーションすることで、一カ所に負荷をかけず、素材を休ませることができます。三つ折タイプを選ぶことによって、長持ちするマットレスを購入できます。 しかし、それでも中央部と両端を比べると、中央部が柔らかくなってしまいます。 世界最大の寝具ブランドであるマニフレックスは、硬すぎず、柔らかすぎない、高反発の『エリオセル®』を使用し体をしっかり押し返しあなたにとってより快適な眠りをサポートします。