遺品整理とは何?遺品の仕分け方について。

遺品整理とは、親族や身内が亡くなったとき、その人が生前に使っていたものを整理することを指します。

遺品とは?

遺品とは、故人の身の回りのものや日常的に使っていたもので、家族のために残した遺産など、その人にゆかりのある全てのもののことです。

遺品整理の意味とは?

故人の私物を整理すると、その人が生きていた証となるものと再度向き合うことになるので、残された人たちは再び悲しみや寂しさに包まれてしまうことになります。しかし、遺品をそのままの状態で残しておくと、見るたびに故人の思い出がよみがえってしまうでしょう。

遺品を整理している間は、ほんの一時の寂しさを感じますが、故人の私物を仕分け、片付けていくことで、気持ちの整理になります。

故人との思い出や記憶の架け橋となる大切な遺品の整理は、じっくりと時間をかけて行いたいものですが、故人がアパートマンションやを借りていた場合、部屋をすぐに明け渡す必要があるので、早い段階で遺品整理を進める必要があります。

遺品の仕分け方について

貴重品は、金品だけに限らず、故人に関する重要書類や所有していた不動産の権利・情報のことです。

貴重品の主なものは、下記の通りです。

・通帳
・印鑑
・クレジットカード、キャッシュカード
・健康保険証
・マイナンバーカード
・パスポート
・年金手帳
・公共料金等の請求書や領収書
・有価証券
・契約書類
・不動産などの権利関係書類
・貴金属や宝石、美術品など価値の高い物
など

これらの貴重品を整理するには、法的手続きが必要です。また、期日が設けられていることがあるので、優先的に処理するようにしましょう。

形見とは、故人が残したものの中でも、特にその人が愛用していたものや、思い出の品のことを指します。貴重品とは異なりますが、故人との思い出を忘れないための大切な品です。

家電製品、衣類など素材を再利用できるものがあれば、保管しておくかリサイクル業者に引き取ってもらいましょう。リサイクルせずにとっておいたほうがいいものも中にはありますので、注意して整理する様にしましょう。

故人の残したものを破棄するのはいかんせん勇気のいることですが、不要だと感じたものは捨ててしまいましょう。いろいろ残しておくと、後から収拾がつかなくなる可能性が生じます。また、明らかに今後使いそうにないものは、きっぱりと捨てることが必要です。

生前の写真やアルバム、日記などは、データにして残すという手段もあります。

コンパクトにしまえるデータに保存しておけば、故人との多くの思い出を捨てることなく、長くきれいな状態で残しておけるでしょう。

データ保管業者は、「遺品整理 東京」「遺品整理 名古屋」などで調べれば見つかります。