海外FXは、ハイレバレッジで大きな利益を狙えます。

海外FXは、ハイレバレッジで大きな利益を狙えます。

最大400倍~500倍、ハイレバレッジで大きな利益を狙えます

ハイレバレッジでは、少額資金で大きな取引が可能なので資金効率が高く稼ぐために有効です。

海外FXの一番のメリットはハイレバレッジだと言えます。

海外FX業界のレバレッジの平均は500倍程度、業者によっては1,000倍のハイレバレッジでトレードできるので、資金効率を高めながら、少ない証拠金でも、一攫千金を狙えます。

海外FXと国内FXのレバレッジでは、どのくらいの差がある?

例:10万円の証拠金でレバレッジ500倍と国内FXのレバレッジ最大25倍でトレードする場合、

海外FXは、レバレッジ500倍の取引金額、5,000万円(10万円×500倍)
国内FX最大25倍の取引金額、250万円(10万円×25倍)

になります。

海外FXは、国内FXよりも20倍も資金効率が高いです。しかし、国内FXで5,000万円のトレードを行いた200万円の資金が必要になります。

海外FXは、少ない資金でも大きな利益を狙えるので、ハイレバレッジを利用できる海外FXが圧倒的に有利でしょう。

国内FXではレバレッジ規制があります。レバレッジが高いとロスカットしやすくなりますが、トレードごとの損益は、レバレッジが何倍であっても同じです。

レバレッジ倍率が、高くても低くてもリスクは変わらず、レバレッジ倍率が高いほど必要証拠金が少なくて済みますので、少ない証拠金で効率よく稼いだ方が良いでしょう。

海外FXでは、資金量などに応じて、レバレッジを決められる自由度がありますので、ハイレバレッジは、危険ではありません。

レバレッジの設定が自由自在で、ロスカットのリスク管理も簡単です

海外FXは、単にハイレバレッジで取引ができる以外に、低レバレッジかハイレバレッジまで自由に設定できるので、便利です。

国内FXのレバレッジは25倍に固定されていることが多いですが、海外FXおすすめのXMでは、1倍から888倍で自由自在に設定ができます。

つまり、相場状況などに応じて適切なレバレッジを設定しながら、資金リスク管理が容易なのです。

FXでトレードを繰り返していましたら、損益に応じて有効証拠金が増減しますが、損失が増えると有効証拠金が減り口座全体の実効レバレッジが高くなります。

そのような時、国内FXでは実効レバレッジを適正レベルまで下げようとすると口座に資金を追加するしかありませんが、海外FXでは、資金の追加だけでなくレバレッジを調整しながらロスカットリスクを管理できるというメリットがあります。