デザイナーズマンションと一般住宅の違いについて。

デザイナーズマンションと一般住宅の違いについて解説します。

私もデザイナーズマンション 東京やデザイナーズマンション 名古屋などと調べて色々なデザイナーズマンションを見たりしています。

デザイナーズマンションは、一般的なマンションと比べて「個性的」「かっこいい」「おしゃれ」といったイメージがある。ある大手不動産賃貸、売買サイトでは、建築家が設計したものがザイナーズマンションと定義されています。

ただし不動産会社によっては、建築家が設計、デザインを担当したというだけでなく、立地や敷地の魅力を最大限に活かしている物件をデザイナーズマンションと呼ぶケースも多くみられます。

マンションの外観デザインはもちろん、物件の周辺地域の景観も良いイメージになり、それがマンションの人気を後押しし、多くの入居希望者が集まるといった良い循環が生まれているようです。

デザイナーズマンションの販売会社では、実際にどのようなデザイナーズ物件を扱っているのか例を挙げると、

・物件のデザインのオリジナリティー性が高い
・中庭やアプローチなど緑の多い共用部がある
・質感のある素材が多く使われている
・梁や柱が出ず、天井高が高め
・窓が大きく開放的な室内空間である
・間取りのバリエーションが豊富
・バルコニー、水まわりのサイズにゆとりがある

などの特徴が多いです。これらは、デザイナーズマンション特有の「個性的」「かっこいい」などのイメージにつながります。

では、このような住まいに暮らすことで得られるメリットは何でしょうか?

建築家が趣向を凝らし、さまざまな敷地条件に合わせて設計した空間なので、唯一無二の一点ものであるということです。その部屋でしか体験できない暮らしを楽しめます。また、同じマンションでもさまざまな間取りがあるので、

・間取りが流行に左右されないので、築年数に比べて新しく感じられる傾向がある
・ライフスタイルに合わせて、マンション内で借り換えする人が多い
・住居以外にも、事務所としても幅広く活用できる物件も存在する

この様な点もデザイナーズマンションならでの特徴、メリットないでしょうか?

現在では、表面的なデザインではなく、暮らしや心地よさの追求で生まれたデザインに共感する入居者が集まっています。

デザイナーズマンションでは、一般的なマンションでは体験しづらいライフスタイルを手に入れることができそうです。

現在おしゃれなマンション=デザイナーズマンションとなんとなく雰囲気で呼ばれているものがほとんどです。選ぶときは、自分のライフスタイルに合わせて選ぶ様にしましょう。