「分譲住宅」「建売住宅」とは何?

「分譲住宅」「建売住宅」とは?

そもそも、分譲住宅あるいは建売住宅とは、どのような住宅のことを指すのでしょうか?

家に住むとなると、まず、大きく購入か賃貸かに分けられます。

購入する場合はさらに、戸建て住宅を買うか、マンションの一室を買うかに分類されます。戸建て住宅(一軒家)のうち、自分好みのデザインを最初から組み立てていくものが「注文住宅」、分譲住宅地にいくつも同じような形で建てられ、分けて販売されるのが「分譲住宅」、既に建築されたものを販売されるのが「建売住宅」です(※厳密には建売住宅も建築前から販売しています)。

通常「分譲住宅」はすでに建築済みの状態で販売されることもあるので、「分譲住宅」と「建売住宅」は、ほぼ同じ意味になります。

分譲住宅、建売住宅はこのような人に向いています。

では、分譲住宅や建売住宅を購入するのはどのような人に向いているのか、ご紹介していきます。

予算をできるだけ抑えて購入したい方

分譲住宅は「新しく住宅を購入して住みたいけで、予算はあまり多くない」という方に向いています。

分譲住宅では、分譲住宅地に同じような家をいくつも建てることになるので、資材を大量に調達し、建築費用を安く抑えられるという特徴があります。

同じエリア内でも、デザインや使い勝手に違いを持たせるケースが多いですが、それでも注文住宅で同じグレードの家を建てるよりは大幅にコストダウンできます。

建売住宅は、すでに完成している住宅なので、実物の建物かオープンハウスへ見学に行くことができます。そのため、購入前に、間取り、見た目、内装、立地、利便性などを確認することができます。これは事前によく確認し、絶対に失敗したくないという方にはメリットとなります。 自分好みのデザインを最初から組み立てていく注文住宅よりもコストを安く抑えることが可能です。

建売住宅でしたら、、契約から入居までの期間が短いというメリットがあります。すでに出来上がっている住宅、あるいは建築計画がしっかり立てられている住宅を購入することになるので、できるだけ早めに引っ越しをしたいという方に向いています。

建売住宅にはさらに、土地と住宅を同時に購入するという特徴があります。

注文住宅であれば土地と住宅を別々で購入することが多いので、建売住宅の場合は比較的手間が少ないので、建売住宅は、現時点で土地を所有していない方にも向いているといえます。

私は、東京の武蔵村山市に住んでいますが、まずはネットで「新築 武蔵村山市 」「新築戸建て 武蔵村山市」などで検索してみたいと思います。