デザイナーズマンションと一般住宅の違いについて。

デザイナーズマンションと一般住宅の違いについて解説します。

私もデザイナーズマンション 東京やデザイナーズマンション 名古屋などと調べて色々なデザイナーズマンションを見たりしています。

デザイナーズマンションは、一般的なマンションと比べて「個性的」「かっこいい」「おしゃれ」といったイメージがある。ある大手不動産賃貸、売買サイトでは、建築家が設計したものがザイナーズマンションと定義されています。

ただし不動産会社によっては、建築家が設計、デザインを担当したというだけでなく、立地や敷地の魅力を最大限に活かしている物件をデザイナーズマンションと呼ぶケースも多くみられます。

マンションの外観デザインはもちろん、物件の周辺地域の景観も良いイメージになり、それがマンションの人気を後押しし、多くの入居希望者が集まるといった良い循環が生まれているようです。

デザイナーズマンションの販売会社では、実際にどのようなデザイナーズ物件を扱っているのか例を挙げると、

・物件のデザインのオリジナリティー性が高い
・中庭やアプローチなど緑の多い共用部がある
・質感のある素材が多く使われている
・梁や柱が出ず、天井高が高め
・窓が大きく開放的な室内空間である
・間取りのバリエーションが豊富
・バルコニー、水まわりのサイズにゆとりがある

などの特徴が多いです。これらは、デザイナーズマンション特有の「個性的」「かっこいい」などのイメージにつながります。

では、このような住まいに暮らすことで得られるメリットは何でしょうか?

建築家が趣向を凝らし、さまざまな敷地条件に合わせて設計した空間なので、唯一無二の一点ものであるということです。その部屋でしか体験できない暮らしを楽しめます。また、同じマンションでもさまざまな間取りがあるので、

・間取りが流行に左右されないので、築年数に比べて新しく感じられる傾向がある
・ライフスタイルに合わせて、マンション内で借り換えする人が多い
・住居以外にも、事務所としても幅広く活用できる物件も存在する

この様な点もデザイナーズマンションならでの特徴、メリットないでしょうか?

現在では、表面的なデザインではなく、暮らしや心地よさの追求で生まれたデザインに共感する入居者が集まっています。

デザイナーズマンションでは、一般的なマンションでは体験しづらいライフスタイルを手に入れることができそうです。

現在おしゃれなマンション=デザイナーズマンションとなんとなく雰囲気で呼ばれているものがほとんどです。選ぶときは、自分のライフスタイルに合わせて選ぶ様にしましょう。

黒喪服と色喪服とは何?

一定の年齢になると、肉親や配偶者の葬儀に直面することも出てきます。喪服を着る機会は突然訪れるものです。喪服レンタル店などでも借りられます。喪服の装いについて、今一度、見直してみましょう。

喪服の装いは、故人との関係によって装いが異なります。最近では、洋装が一般的ですが、日本人のもっとも格の高い喪服は着物です。

ここでは、喪服を着物で準備する際の基本的な知識とマナーについて解説します。着物の喪服を大事な人のお葬式に着ることで、故人への敬意や思いの深さが無言のうちに伝わります。最近では、和装の機会自体も減っていますが、慣習やルールが求められる着物の喪服について、基本の知識から解説します。

着物の喪服は第一礼装
着物の喪服は、喪の第一礼装、つまりいちばん格の高い装いとなります。中でも家紋の入った黒無地の着物、黒紋付は既婚や未婚を問わずに着用できる最高礼装です。

もしあなたが、喪主の場合や、配偶者、故人が父親や母親などの肉親の場合、五つ紋の黒紋付がもっともふさわしい服装です。たとえ、どんなに高価なブランド品のワンピースを着ても、洋装より和装の方が格上なのです。

しかし、和装には一定のルールがあります。ですので、間違った喪服の選び方や着方をしては台無しになってしまいます。ドレスコードがあいまいな洋装のほうが無難で楽なことは確かなことです。

黒喪服と色喪服

留袖と振袖がおめでたい席の礼装であれば、その反対の不祝儀の礼装が喪服です。

黒地の一色染めに染め抜きの日向五つ紋入りの黒喪服は、一番正式なものです。

喪主や親族など近親者は葬儀・告別式で、黒喪服を着ます。現在通夜から葬式、告別式、三回忌まで遺族は黒喪服を着るのが慣例になっていますが、その土地ごとの風習に合わせるようになっています。

色喪服について
色喪服は、喪主・親戚以外が法事、通夜、偲ぶ会などに着用します。帯は黒喪帯で準喪服に、色喪帯で略喪服になり、七回忌を境に、遺族の装いは略喪服へと変わります。四十九日や一周忌などの法要は、地味な色無地と色喪帯を合わせます。

一般の会葬者の場合には、色喪服に黒喪帯などの準喪服にします。

準喪服の紋は、一般的に染め抜き日向紋を三つか一つ付け、生地は地紋のある無地、光沢のない縮緬地です。

着物の喪服の歴史
女性の着る喪服の定番色が黒になったのは明治時代からで、それまでは白喪服という喪服がありました。女性は婚礼の際に着た白無垢を残しておき、夫が亡くなった時に袖を詰めて着用したものです。

今でも葬儀の時に、白喪服や白い裃を着用する地域があります。明治維新以後、欧米の慣習にしたがって、黒の喪服が着られるようになり、白より汚れの目立たないこともあり、一般に浸透しました。

オークション代行とはどんな仕組み?

ブランド品を売る方法のひとつに、オークション代行サービスの利用というのがあります。このページでは、オークション代行とはどんな仕組みなのかをご紹介します。

オークション代行について

オークションに慣れていない人に代わり、ブランド品を少しでも高い値段で売ってくれるオークション代行は、どのような仕組みや流れになっているのでしょうか。

オークション代行の仕組み

ブランド品のオークションは、ブランド品を売りたい人がオークションサイトに出品し、買いたい人が競り合って値段を付け、最終的に一番高い値段を付けた人に落札されるという仕組みです。

オークション代行はオークションに不慣れな人に代わってブランド品を出品して、落札から支払いまでの手続きを代行してくれる業者です。オークション代行には、プロ向けのオークション代行以外、ヤフオクに出品する代行があります。

オークション代行を上手に利用するには、事前に手続きの流れや手順を知っておくと、どんなときに利用できるかがイメージしやすいです。代行業者により、多少手順に差はありますが、ここでは標準的な方法をご紹介します。

ブランドオークション代行サービスに申し込む
代行サービスのサイトにある申し込みフォームから、出品の情報と自分のプロフィールを入力して、代行を申し込みます。出品情報で、ブランド品をいくらで売りたいかという希望価格を聞かれることもあるので、事前に具体的なイメージを持っておいた方がが良いでしょう。

確認書と梱包キットの受け取り、商品の梱包・発送
代行サービスの申し込みが完了すると、確認書や梱包キットが送られてきます。確認書の内容を読んで、売りたいブランド品を手順どおりに梱包しましょう。梱包が完了したら、指定宅配業者を使い、先方着払いでオークション代行業者に品物を送ります。

商品の査定と出品準備
代行サービスにブランド品が届くと、その品物の査定や写真撮影、説明文の作成など、オークションに向けての出品準備が行われます。出品前に依頼主に確認メールが届き、内容をチェックできるので、内容に相違があればこの時点で修正を依頼します。

 オークションの出品と落札
オークションに出品されて無事に落札された場合、事前に説明された手数料を差し引いた代金が指定の口座に振り込まれます。もし落札されなかった場合、代行業者によっては別料金で再出品してくれたり、買取をしてくれるところもあります。落札がなかったときの返品は、ほとんどの代行業者の場合、送料は依頼主持ちになることが多いです。

最近では、ブランドバッグをレンタルで借りられるサービスもあるみたいです。

「分譲住宅」「建売住宅」とは何?

「分譲住宅」「建売住宅」とは?

そもそも、分譲住宅あるいは建売住宅とは、どのような住宅のことを指すのでしょうか?

家に住むとなると、まず、大きく購入か賃貸かに分けられます。

購入する場合はさらに、戸建て住宅を買うか、マンションの一室を買うかに分類されます。戸建て住宅(一軒家)のうち、自分好みのデザインを最初から組み立てていくものが「注文住宅」、分譲住宅地にいくつも同じような形で建てられ、分けて販売されるのが「分譲住宅」、既に建築されたものを販売されるのが「建売住宅」です(※厳密には建売住宅も建築前から販売しています)。

通常「分譲住宅」はすでに建築済みの状態で販売されることもあるので、「分譲住宅」と「建売住宅」は、ほぼ同じ意味になります。

分譲住宅、建売住宅はこのような人に向いています。

では、分譲住宅や建売住宅を購入するのはどのような人に向いているのか、ご紹介していきます。

予算をできるだけ抑えて購入したい方

分譲住宅は「新しく住宅を購入して住みたいけで、予算はあまり多くない」という方に向いています。

分譲住宅では、分譲住宅地に同じような家をいくつも建てることになるので、資材を大量に調達し、建築費用を安く抑えられるという特徴があります。

同じエリア内でも、デザインや使い勝手に違いを持たせるケースが多いですが、それでも注文住宅で同じグレードの家を建てるよりは大幅にコストダウンできます。

建売住宅は、すでに完成している住宅なので、実物の建物かオープンハウスへ見学に行くことができます。そのため、購入前に、間取り、見た目、内装、立地、利便性などを確認することができます。これは事前によく確認し、絶対に失敗したくないという方にはメリットとなります。 自分好みのデザインを最初から組み立てていく注文住宅よりもコストを安く抑えることが可能です。

建売住宅でしたら、、契約から入居までの期間が短いというメリットがあります。すでに出来上がっている住宅、あるいは建築計画がしっかり立てられている住宅を購入することになるので、できるだけ早めに引っ越しをしたいという方に向いています。

建売住宅にはさらに、土地と住宅を同時に購入するという特徴があります。

注文住宅であれば土地と住宅を別々で購入することが多いので、建売住宅の場合は比較的手間が少ないので、建売住宅は、現時点で土地を所有していない方にも向いているといえます。

私は、東京の武蔵村山市に住んでいますが、まずはネットで「新築 武蔵村山市 」「新築戸建て 武蔵村山市」などで検索してみたいと思います。

遺品整理とは何?遺品の仕分け方について。

遺品整理とは、親族や身内が亡くなったとき、その人が生前に使っていたものを整理することを指します。

遺品とは?

遺品とは、故人の身の回りのものや日常的に使っていたもので、家族のために残した遺産など、その人にゆかりのある全てのもののことです。

遺品整理の意味とは?

故人の私物を整理すると、その人が生きていた証となるものと再度向き合うことになるので、残された人たちは再び悲しみや寂しさに包まれてしまうことになります。しかし、遺品をそのままの状態で残しておくと、見るたびに故人の思い出がよみがえってしまうでしょう。

遺品を整理している間は、ほんの一時の寂しさを感じますが、故人の私物を仕分け、片付けていくことで、気持ちの整理になります。

故人との思い出や記憶の架け橋となる大切な遺品の整理は、じっくりと時間をかけて行いたいものですが、故人がアパートマンションやを借りていた場合、部屋をすぐに明け渡す必要があるので、早い段階で遺品整理を進める必要があります。

遺品の仕分け方について

貴重品は、金品だけに限らず、故人に関する重要書類や所有していた不動産の権利・情報のことです。

貴重品の主なものは、下記の通りです。

・通帳
・印鑑
・クレジットカード、キャッシュカード
・健康保険証
・マイナンバーカード
・パスポート
・年金手帳
・公共料金等の請求書や領収書
・有価証券
・契約書類
・不動産などの権利関係書類
・貴金属や宝石、美術品など価値の高い物
など

これらの貴重品を整理するには、法的手続きが必要です。また、期日が設けられていることがあるので、優先的に処理するようにしましょう。

形見とは、故人が残したものの中でも、特にその人が愛用していたものや、思い出の品のことを指します。貴重品とは異なりますが、故人との思い出を忘れないための大切な品です。

家電製品、衣類など素材を再利用できるものがあれば、保管しておくかリサイクル業者に引き取ってもらいましょう。リサイクルせずにとっておいたほうがいいものも中にはありますので、注意して整理する様にしましょう。

故人の残したものを破棄するのはいかんせん勇気のいることですが、不要だと感じたものは捨ててしまいましょう。いろいろ残しておくと、後から収拾がつかなくなる可能性が生じます。また、明らかに今後使いそうにないものは、きっぱりと捨てることが必要です。

生前の写真やアルバム、日記などは、データにして残すという手段もあります。

コンパクトにしまえるデータに保存しておけば、故人との多くの思い出を捨てることなく、長くきれいな状態で残しておけるでしょう。

データ保管業者は、「遺品整理 東京」「遺品整理 名古屋」などで調べれば見つかります。

長く使えるマットレスの選び方は?

長く使えるマットレスの選び方ですが、密度の高い素材のマットレスを選ぶことは、当たり前ですが、低コストで作ったマットレスは、低コストの素材を使うので、へたりやすいです。

手間をかけて作られた上質の素材y、高密度で作られた素材は、快適性や耐久性にも優れていることがほとんどです。高価であれば良いというわけではありません。

しかし、密度の高い素材はマットレス自体の重量が増えるので、畳んで片付けるということは難しくなります。基本的にはベッドで使うことが前提です。

ウッドスプリングは、二重で身体を支え、変形圧力を分散させる効果があります。

変形が大きいと、弾力性が低下し、同じ体重をかけても沈むので、へたります。 ウッドスプリングはマットレスの変形を少なくするのための解決方法は、ウッドスプリングとマットレスを組み合わせることです。

RELAX2000ウッドスプリングを例に挙げると、ウッドスプリングが大きく変形して身体を支えるので、上部のマットレスは変形が少なくなります。そのため、マットレスの弾性低下が少なくなりへたりが少なくなります。

多くのウッドスプリングは、硬さを調節することができるので、使用年数とともに硬さを調節することで、寝姿勢の変化が少なくなります。

ナチュールフレックス・ウッドスプリングも基本的には同じです。上の板を、ラテックスフォームでできたサスペンションで支え、その巾を調節することで、体格や寝姿勢に合わせた硬さにできます。

交換が可能な素材を選んだり、パーツのローテーションをする

一枚もののマットレスは中央部がもしへたったら寿命になります。多くのマットレスが一枚物です。エアウィーヴ、快圧ふとんなどがそうです。

密度のしっかりした素材が使えるベッド用でしたら良いですが、フロアー用は手軽に片付けることができるように、ウレタン等の軽量素材を使うケースがほとんどです。密度が高い素材にくらべると、へたりは弱くなります。 このような一枚物を長く使い続けるとどうなるかというと、最も重量がある臀部に負荷がかかり、へたりが進行します。それを防ぐために、ハードタイプが用意されているケースもありますが、結局お尻が当たる部分だけがへたり、それ以外はしっかりしたままの状態になります。

三つ折タイプの多くは中身をローテーションすることができます。中には、パーツで硬さを変えているマットレスがありますので、選ぶ際はご注意ください。3ヶ月に一度ほど中のパーツをローテーションすることで、一カ所に負荷をかけず、素材を休ませることができます。三つ折タイプを選ぶことによって、長持ちするマットレスを購入できます。 しかし、それでも中央部と両端を比べると、中央部が柔らかくなってしまいます。 世界最大の寝具ブランドであるマニフレックスは、硬すぎず、柔らかすぎない、高反発の『エリオセル®』を使用し体をしっかり押し返しあなたにとってより快適な眠りをサポートします。